2009年02月26日

BlooD HomE―驚嘆



一人の女の悲痛な叫び
一人の女の滴る涙

それを見ず聞かず もでは黒人を壊し続ける


その中身が るっかーなのも知らず…







コハク「やめてよ!やめてよもで!」

彼の殴り続けるその黒人はだんだんと真の姿を見せてゆく
元の肌がもどっていく、はずだった。
殴られ続けたその体は赤く染まり目がポロッと外れる。
口の歯はぼろぼろに崩れ、顔の輪郭が崩れてゆく。
「黒」がとれていく、ダメージも増してゆく。


もで「ア゛ア゛ァ゛ア゛ァ゛ア゛ァ゛ア゛ァ゛ア゛!!」




そして 「黒」も完全に溶けてゆく。


全てを破壊尽くしたもではまだその位置から動かない


コハク「も…で? ねぇ…もで?」



コハクが恐る恐る近づいてゆくと
そこには大量の血を帯び、涙を流すもでだった。


もで「な…んだよ…これ…?」


もで「何で?何でるっかーがこんなんになってんだよ…!」


涙を流しながらコハクをガッと掴み激しい形相で問う。



もで「誰だよこんなのやったやつ!!黒人!? 黒人か…!?」


コハク「…もで…、もでが…やったんだよ…?」


びくびくと怯えながら心細い声で言った、もでにとっては衝撃の事実にもでは唖然とした。



もで「え。」



さっきまで怒りに狂っていたもでが
今度は悲しみ、罪の重さに泣き崩れていく。


もで「何で?何で何で何で何で何で何で?何で?」


もで「…俺…が…う…くっ…ぅ…」




もで「はは…ハハハハッ…」


泣きながら笑うもでは床をドンッと叩きつける。




もで「…ちくしょう…っ…」





くらぴか「うわぁああああああっ!!くそ撒けねぇっ!!」



黒人に追いかけられているくらぴかと陽日は、黒人の足の速さに翻弄されている。


陽日「くらぴかさんっ!このままじゃ捕まっちゃうっ!」


くらぴか「俺が止めるから、陽ちゃんは逃げてて!」


と言い放ち陽日は全速力でくらぴかの元を離れてゆく。


「 なんだぁ!?喰われる覚悟ができてんのかァアア? 」


くらぴか「喰われるかよっ!」


といい、偶然落ちていた鉄パイプを手に取り構える。


くらぴか「さぁ勝負だッ!!」







そんな大惨事の中。


偶然コンビニで買い物をしていた激舞がいた。



激舞「コンビニおにぎりおいしいです… ん?」





そして彼は驚愕の事実を目の辺りにする


見た事もない黒い人間


覚えのある 鉄パイプを構えた男。



激舞「…きるあか…? いや、やばい…!」



すぐさま駆けつける激舞。

その一歩一歩が




自分の寿命を短くしていることも知らず。





澄紗「ちょ、どこいって…。」


アルフレッドと澄紗が行く場所は階段を上がった




プラットホーム。




アル「ふぅ、長かったなー」


澄紗「あ、あんた… 何のんきなこといって…?」


そして目の前にいるのは黒人。


そして薄ら笑いを浮かべる






アルフレッド。





アル「とりあえず一匹捕まえてきた 今は十分か?」

「 ああ… 助かるぜ、ありがとよォ 」



「 リーダー 」





澄紗にとっては理解の出来ない会話の内容であった

リーダー、アルフレッド、捕まえてきた…?




そう。





アルフレッドは、







黒人の  長。





アル「綺麗にひっかかっちゃって… もう逃げられないよね」


そして高笑いしながら吐き捨てる



アル「さっさと喰われちまえこのブスがァア!!」


澄紗「ちょ…!いやっ…!」


「 ククッ かわいい女じゃねぇか 喰いがいがありそうだな 」



アル「すまんな『調理』できなくて、そんな時間もねぇからな」



澄紗「嫌ぁああああああああああああああああああああああっ!!!!」







もで「…っく…ぅ…」


未だにあのショックが忘れきれないもではぽろぽろと涙をこぼす。
それを抑えるかのようにコハクが近くに寄る。


コハク「泣くのはやめよ?もで」


もで「…こはー…」


コハク「私だって泣きたいけど 今はそんな時じゃない」
コハク「私は一緒に笑ってもでと脱出したい」

コハク「なのにもでが泣いてたらだめでしょ?」


もで「…。」


前に転がる変死体。

だが過去には戻れない

狂ったときは直せない



もで「…ごめんよ…こはー ありがと…」



もで「一度プラットホームへいってみよう? 何か手がかりがあるかも知れない」


コハク「うん、わかった!」




笑う者



泣く者



怒る者



勇む者




それらは「味」となり



人は




「食物」となる。





「 じゃあさっそく…いただいちゃおうか、澄紗さんをよぉオ 」







「 いっただっきまぁあああああああああああああぁぁぁぁっす!!! 」





 

    BlooD HomE―驚嘆

              ―――― 続く。


posted by もでらぁと at 21:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常
この記事へのコメント
読んでうかれて書き込んでなかったから書き込もー

俺ねーよまじでかっこよすぎだろwwwぁ
いやでも嬉しいからこのままこのキャラをry(黙

にしても兄さんアフォスww
ペプシwww(
Posted by くら at 2009年02月27日 09:04
続きwktk

くららかっけぇwwww
私テラ一般人 だがそれがいい
あるしゃんカッコイイよあるしゃん
私の鈴蘭発揮マダ-? (・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン

ペプシ吹いたwwww
Posted by 氷野河コハク at 2009年02月27日 17:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27240047
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック