2009年02月26日

BlooD HomE―狂気


「 さァて… 鬼ごっこの始まりとしますかァァアアァァア!! 」



階段をかけ降りてゆく、もで、澄紗、氷野河コハク、アルフレッド、くらぴか、陽日。


そしてその運命を分ける道は




 3 つ 。 




アル「3つに別れよう、すーちゃん、俺と来るんだ!」

と、言い放ってアルフレッドは澄紗の手を力強く握り、駆け抜ける。

澄紗「ば…馬鹿やめてよ!あたしはあんたとなんか…!」
と抵抗しようとするがアルフレッドの力は強く振り解くことは出来ない。


その後選ぶ余地もなく、もでらぁとと氷野河コハク、澄紗とアルフレッド、くらぴかと陽日の3つに別れる。




もでとこはーは思いっきり走り、道の角へ一度止まった。


もで「っは…ァ… 疲れたよな…?少し休もうか?」

部活をやっているもでは体力的にもまだバテは来ていなかったが
こはーは体力的にも精神的な恐怖でも疲れ切っていた。


こは−「…少し…良いかな…?はぁ…」


ぺたんと座り込み、もではこはーの隣で立って辺りを見回している。
そうしてもでは、提げていたバッグから水を取り出し、こはーに渡す。

もで「水は飲んだ方が良いよ、落ち着けるし… お腹は空いてない?気分は大丈夫?」

こはー「…うん、大丈夫… ありがと…」


そうして休憩を取っている間に










黒人  は   や ってく る 。









くらぴか「…思ったんだが…、この駅にいる人ら…」

と首をかしげるくらぴかに陽日は

陽日「…え? 何かあるの?」

と答える。


くらぴか「あんだけ異端な奴がいても、何故周りは驚かないんだ?」
くらぴか「驚くどころか恐れるやつもいるだろうに… 何故俺らだけを狙うのか…」


陽日「それって…つまり…」



くらぴか「 この周りにいるやつ… 全員 グル なんだよ 」


陽日「え!? でもグルだったら私達を襲ってくるんじゃ…」

くらぴか「多分、そのようになる事を起こすスイッチのような物があるんだ。」


くらぴか「何にしろ、用心しなきゃならねぇな… これは全員にしら…?」



駆けてゆくその前にいたのは 真っ黒の人だった



「 …ッミィイイイイイイイイイツッケッタァアアアアアアアアアアアアアアァァ!!!! 」





もで「…?」

もでが目をじっと凝らす。


もで(人が混んでて見えないが… あれは…)


人が混んでいてもみくちゃのその中、存在を露わにする黒人。


もではそれに気づき、逃げようとするが



もで「え…?」


脚を動かそうと思ったその時



黒人は目の前に





こはー「…いや…っ! いやぁぁああぁあああ!!」


黒人がゆっくりとこはーを担ぎ上げる。


もで「やばいっ…こ、こはーっ!!」


「 クク… 帰ってからゆうううううううううううううううううっくり痛めつけてやるよォォオオ!!!!!」



もで「やめ…やめろっ!!」


想像を絶するような力で締め付けられるこはー。
もはや意識が飛びそうなほどになっていた。
もでは脚が疲れ切っていて 動けそうになかった。

こはー「やめて…っ!げ…ぅ…う゛っ…!」



もで「やめ…やめろよ…」



「 あと少しぃいいいっ あと少しだよぉぉおおっ!ひゃはははははぁああっ! 」


そしてこはーは見てしまったのだ


あの普通な子のもでが


あの明るかったもでが


あのもでが





―――― ウノヲ。




もで「やめろ。」


急にもでの声は重く響く。


もで「やめろやめろやめろやめろヤメロヤメロヤメロヤメロヤメロヤメロ」



「 …ァア? 」


もで「やめろっつってんだろーがこの糞野郎がァアアアアア!!!!」


と、口が裂けるほどに叫び、バッと黒人に飛びかかった。
黒人の顔を殴り、こはーを救出させる。



だが もでは止まらなかった



腹を殴り続け、内蔵が飛び出るまで力を込めて引き裂いてゆく。
はらわたをズリズリと引きずり出してゆき、黒人をぐちゃぐちゃにしてゆく。
もでは 狂気に満ちた笑い顔をうかべ、黒人をバラバラにしてゆく。



もで「ハハっ!あっはは!はははははははははははははははははあぁははっはっはははっは!!」


黒人の血は普通の人間かのように赤かった。


そして 嫌な予感がこはーの頭をよぎる



こはー「元々人物じゃないのに… まさか…まさかもで今やってるのって…」






 るっかー なの ?











もで「あははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははは。




それは


世界にあり得ないような


怖さを持って


黒人の存在をかき消すかのような




    ―――――   狂気 。 







posted by もでらぁと at 20:48| Comment(1) | TrackBack(0) | Illustration
この記事へのコメント
何かくららとか妙にカコイイ
続きwktk
Posted by 氷野河コハク at 2009年02月26日 21:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27238765
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック